体調の乱れはうつ病のサイン?治療法もチェックしよう

  1. ホーム
  2. 副作用がない治療

副作用がない治療

男性

完治できる病気

近年ではうつ病は薬を服用したり、認知行動療法を受けたりすることで治るものと一般的にも認識されています。実際、精神的な病で苦しんでいた経験をもつ人でも、適切な治療を受けることで社会に復帰している人もたくさんいます。薬には基本的に何が使われるのかというと、抗うつ剤や抗精神薬などがあります。身体に摂取する薬だから自分でもしっかり知りたいという人には、医師から十分な説明があるのでメモしておくと良いでしょう。

治療に用いられる抗うつ剤

抗うつ剤ではどんなものが用いられるのかというと、SSRIやSNRIというものがあります。この二つはセロトニンに働きかける薬です。セロトニンは脳内で働く成分ですが、これが上手に作用しないとパニック症状やうつなどを引き起こす原因となってしまいます。情報伝達がうまく働かない要因は、セロトニンが再取り込みされてしまうことです。SSRIを服用することで、脳内でのセロトニンだけの再取り込みを防ぐことができ、神経細胞の中でセロトニンの量を増量することができるのです。セロトニンは神経伝達物質の中でも「幸せホルモン」といわれているので、うつ独特の不安症状や希死念慮に効くといわれています。
SNRIに関しては、セロトニンに加えて、ノルアドレナリンの再取り込みを阻害します。ノルアドレナリンも脳内に増えることでうつの症状が抑えられるため、うつ病の治療には最適です。ミルナシプランが代表的な薬剤名です。

薬に頼りたくない場合

身体に作用をもたらす薬ですので、あまり使いすぎないようにしたいと考えている人もいるでしょう。長期に渡って飲み続ける場合、その影響がどのように出るのかも気になるからです。実際、薬の副作用が辛いため通院をしなくなったという人も少なからずいます。特に主治医に正直に相談しにくいと普段から感じている人は、薬の使用をためらうのです。最近では治療の方法で薬をできるだけ使わないように取り組んでいる病院もあるため調べてみるのも良いでしょう。

磁気刺激治療ができる

磁気刺激治療をどこの病院でも行なっているわけではないので、かかりつけ医に紹介してもらうか、自分で調査してみることが大事です。この治療方法の内容に関しても、どのようなメリットがあるのか知ると面白いことが分かります。磁気刺激を脳の背外側前頭前野という部分に当てることで、脳に正常な動きをもたらそうというものです。うつ病を発症している脳の動きに特徴的なのが、血流が滞っていることです。この血液の流れをスムーズにするために、磁気刺激を与えれば良いといわれています。この治療法はアメリカで考え出され、厳しい検査を通ってきているため、安心して利用することができる治療方法となっています。薬のように副作用に苦しむことがほとんどないと報告されているので、今までの治療を見直したい人も注目すべき治療法だといえるでしょう。薬が合う人もいれば合わない人もいます。それぞれの体調や生活リズムに合ったうつ病の治療を模索していくことが大事なので、なんでも医師に相談してみましょう。